FC2ブログ

オールイングリッシュの落とし穴

小学生のクラスでちょっとショックなことがありました。

うちの学校の授業は基本的にオールイングリッシュです。
新学期初日、5~6年生のクラスで、「Do you have any brothers or sisters?」と聞きましたが、5人とも困惑顔。今年初めて入ってきた子たちだけでなく、低学年から習っている子たちもいました。そこで「Do you know brothers?」と聞いたり、boyなどほかのヒントを出しても、全然ダメ。仕方がないので日本語で「brotherって知ってる?」と聞くと、首を横に振る…え~!こんな基本的な単語も知らないなんて、今まで何を勉強してきたの~?とかなりショックでした。

別の授業では、considerate[kənsídərət 発音注意!](形容詞:思いやりのある)のカードを子供は「荷物を運ぶ」という意味だと思ったようです。おばあちゃんの荷物を運んであげているイラストだったからです。イラストだけの理解では結構誤解していることがあるようです。

オールイングリッシュで教えることが良い、と信じてきました。英語脳を作るには日本語は完全に排除したほうが良いのだと。
特に子供は状況を判断して意味を理解する能力に長けているし、英単語1つに日本語1つではカバーしきれないから、英語だけで意味をつかんでもらえるように、と。
ネイティブだったら24時間、英語に囲まれて、様々な状況でその単語を聞くのでニュアンスもわかってくるでしょう。でも、日本語で生活していて、週に1~2時間、レッスンでしか英語に触れないのであればニュアンスをつかむほどの文章に出会うことはできません。

言語を教える研究にも、紆余曲折があり、英語教授法にも流行り廃りがあると知りました。
最新の子供用のテキストは「英語で」科学や社会について学ぶ流れがきています。私が最初にテキストを見たときに感じたのは「アメリカの小学生の教科書みたいだな。ネイティブには良いと思うけど、これから英語を学ぶ子たちは、これでわかるのかな…」と。実際ちょっと難しいようです。

誤解してほしくないのでお伝えしますが、私が担当した6年生で英検準二級に受かった子もいますので、オールイングリッシュがダメというわけではありません。テキストの巻末にはきちんと日本語訳もあるので、確認していれば問題ないと思います。
ただ全員が家で意味を確認してくれるわけではないので、私が個人で教える場合は、まず意味を確認し、そのあと英語オンリーでレッスンをします。そのほうが効率的だと思います。
一度、意味の確認をしないで、レッスンした時は、後から子供に「何言っているかわからなかった」と言われましたので、肝に銘じています。

重要なことは
「意味の分からない単語や文が言えるようになっても役に立たない」
です。言葉というのは、自分の考えを伝えるため、相手の考えを理解するため、にあるのですから。

もしオールイングリッシュの英語教室にお子さんを通わせている親御さんがいらっしゃいましたら、少しだけお手伝いしてあげてください。
また、高校生や大人の生徒さんでも、レッスンのために、一生懸命練習して上手に言えるようになった文章の意味が分かっていない、という人が結構います。もったいない!!
きちんと意味を確認してから音読の練習をしましょう!

スポンサーサイト



「February」を正しく言えますか?


キッズレッスンのために改めて発音記号を確認したら、目からウロコでした😄

Februaryの発音
/fébjuèri /
フェビュウェリー

フェブラリーとかフェブアリーじゃなく、最後はエリーです。

最初のFは下唇を優しくかんで
最後のリーのRは舌を奥に引いて、舌先は上あごにつかないように。

 
↑これは英語の動画ですがとても参考になります。
特に2:04から2:27がゆっくり発音してくれてわかりやすいです。OKな発音のバリエーションも紹介してくれていますので、英語の聞き取りにもチャレンジしてみてくださいね!

テーマ : 国際社会で通用するコミュニケーション力を目指して
ジャンル : 学問・文化・芸術

強気でいこう


先日、生徒さんとカウンセリングをしました。ある勉強を始めようかどうしようか悩んでいました。できるかどうかわからないと。
私からは、できるかどうかわからないでは絶対にできません、まずやるんだと決めることです、ゴールを決めれば全てがそれに向かって進んでいきます、と。

これは私が周りから言われてきた事です。

今日は私が自身の事で少し弱気になってしまいました。でもその言葉を思い出して強気を取り戻すことが出来ました。
人を励ますことは、自分を励ますことでもあります。

目標に向かって進んで行くと、必ず乗り越えるべきものがやってきます。そんな時、学校や所属しているグループ、担任の先生、仲間、家族等は、挫けそうな自分を奮い立たせてくれるもの。
ぜひ周りの力も借りて、ゴールまで進み続けてください。


通学系の英会話学校とオンライン英会話スクールの使い分け

リアルの英会話スクールで教えている者としては、オンライン英会話スクールをお勧めしづらいのですが、実際生徒さんの中にも、オンラインスクールと掛け持ちしている方もいらっしゃいました。

英会話の上達のためには、とにかくたくさん触れることが大事です。インプットがもちろん先なのですが、特に日本人にはアウトプットが大事です。というのは、日本語で日常生活が成り立つ環境で、英語を話す時間を確保するのは並大抵ではないからです。

通学系の大手英会話スクールのメリットは、やはりカリキュラムがしっかりしていることだと思います。教材も独自に研究して作られていたり、日本人に特化してわかりやすく作られていたりします。市販の英語だけで書かれているテキストとは、やはり違います。そういう意味で、段階を追って、構文力や表現をしっかりカバーできると思います。
構文力ですが、やみくもに英語に触れるというのは、効率が悪いと思います。せっかく、文を作るルール(文法)が理解できる大人なのであれば、それを使わない手はありません。小さい子供は文法を理解できませんから、それは大人のメリットです。
また、直接先生と会って、ボディランゲージやその場の雰囲気、空気感、などを感じることはとても大事だと思います。
たとえば、初対面の挨拶は日本ではお辞儀から始まりますが、西洋では握手です。でも、オンラインでは、握手をすることすらできません…。どのタイミングで手を出して、どのくらいの時間、どのくらいの強さで…等々、実際にいないと体感できないことはたくさんあります。

ただ、先ほども言いましたが、英語上達には量が大事です。
通学で週に1~2時間のレッスンでは到底足りません。
ですから、学校では宿題をたくさん出しています。自分でこなせる方は良いですが、そこに先生が待っているのといないのとでは、モチベーションがずいぶん違ってきます。

そこで、オンライン英会話スクールの登場です。
毎日英会話の練習ができるのは、とても素晴らしいメリットだと思います。先生がノンネイティブだとしても、英語で話さなければならない「疑似サバイバル状態」になるということは、自分の脳をフル活用して、英語モードの脳が出来上がるのに一役も二役も買ってくれます。
もちろん、オンラインスクールといってもたくさんありますから、どのようなレッスンを誰とするのかによって、効果は全然違ってきます。
ただ、安価で大量に英語に触れることができるのは、とても魅力的です。
英会話の上達を左右するのは、会話量ですから。

こういったことを踏まえて、通学系とオンラインを使い分けていかれると良いと思います。






英会話を教える現場で感じていること

大手英会話学校に勤務し始めて、早いものでそろそろ11年になります。
レベル別になっているので、数ヵ月から一年ほどでどんどん生徒さんは入れ替わります。
いままで数百人の生徒さんが私の前を通り過ぎていきました。

私が現場で感じるのは、日本の学校では発音を教えない、というか
カリキュラム的にも教える余裕がないのだな、
そして、発音を教えられる先生がとても少ないのだな、
ということです。

発音は発音記号を学ぶのが一番近道だと私は思います。
少し前に、同時通訳者の長井鞠子さんの著書「伝える極意」を読みました。


長井鞠子さんは超一流の会議通訳者で、以前NHKの「仕事の流儀」という番組で取り上げられていて、石原慎太郎氏がいつも通訳として指名している方であり、東南アジアの首脳からも、彼女の発音も文章も完璧だ、と絶賛され、またアメリカ副大統領に「日本一あるいは世界一の通訳かもしれない」と言わしめた素晴らしい実力の方です。

彼女は私立の中学校に通ったのですが、中学1年生の一学期間は、徹底的に発音記号を叩き込まれたそうです。想像するに、定期テストもきっと発音のテストだったのだと思います。
みなさん、どうでしょう?中1の夏休みまでの4か月間、ずっと発音記号ばかりやっているなんて、想像できるでしょうか?

私自身は公立の中学に行きましたが、とても幸運なことに、一年の時の英語の先生が発音がきれいで、しっかり発音記号も教えてくださいました。
また、教科書の音読を毎日20~30回しなさいと宿題が出たので、読めない単語には全部発音記号を振り、練習しては、もらった表に回数を書いて、ハンコを押してもらっていました。
これが私の発音の基礎でした。

ですが、悲しいかな、発音記号がわかる人は一般的にはごくわずかなので、私のクラスでは音のつながり、変化などをなるべく英語の発音に近いカタカナで表記することがあります。これには賛否両論あるということも知っていますが、あえてそうすることにしたのです。
そして、そうすることにより、特に初級者の方が
「今まで発音の仕方をだれも教えてくれなかったから、わかりやすくて嬉しい」
と喜んでくださり、また興味を持ってくださるという良い効果も出ています。

すべての単語は音でできています。
だから発音は、英語を話す土台です。
単語力、構文力などは後からどんどん増やしていけます。
発音は一度身につけておくと一生の財産になります。
できれば、単語が増える前に発音を身に付けることを強くお勧めします。
それは、上級者になって、単語をたくさん知っていればいるほど、それを一つ一つ直していかなければならないのです。これは本当に大変な作業です。

もし、あなたがすでに上級者だったとしても、あきらめることはありません。
根気強く、一つ一つの発音を気にして直していけば、必ず上達します。

もう一つ。
読めばわかるけど、聞くとわからない方。
そういう人はカタカナ発音の人が多いです。
TOEICのリスニングセクションが苦手な方。
発音力を見直すことで、
リスニング力アップにつながります。
ぜひ試してみてください。


プロフィール

Mona

Author:Mona
純ジャパニーズ。留学なしでTOEIC980、英検1級取得。英会話講師10年超、家庭教師、たまに翻訳や通訳もどき。英語の勉強、YouTube、海外ドラマ、ゲーム、甘いもの、英語オタクトークが好き。英語力と同時に通訳力をつけたい(^▽^)/
twitterでも英語学習情報など時々つぶやきます。
https://twitter.com/monamona_marron

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR